ブログ再開とこれからの日本

もうすぐとんでもない事態、FRB、日銀の財政破産、ドル、円の暴落がやってくる。

もとはといえば、偽ユダヤの連中が仕組んだことがトランプの登場、プーチンらのおかげで失敗

し、自らの首を絞めるだけで終わってしまった。

彼らは当然、ドルへの負債を全世界の一般庶民に押し付けてくる。

これがドル、円の暴落であり彼らはその前にゴールドに逃げるだろう。

ただ問題は押し付けた後である。

世界の基軸通貨は元に以降、この元はチャイナのものでありユダヤの思い通りにはならない。

なので彼らはどうすることもできず、じっとしているようである。

がこのままでも、もうすぐドルは破産である。

どうも偽ユダヤ、1%オルガルキーの連中は寄生先であるアメリカ、日本が破たん直前であり、

ただ替わりとなる新しい寄生先がなく困っている感じがあり。

もうアメリカ、日本にも国力はあまりなく将来もない、冨を吸い上げつくそうにもそれにはアメ

リカに変わるほどの国力を持つ新しい寄生先が必要。

一時は中国がその寄生先だったようだがそれには失敗、プーチンにユダヤの本性(右手で握手

、隠した左手には拳銃)を教示され、簡単に言うとこのままでは日本のように搾取されまくる、

人民会議に飛行機を突入されかけそれは撃墜で防いだものの、習近平らも偽ユダヤの本性を

思い知っただろう。

さあ、どうする、偽ユダヤ、1%オルガルキー

トランプは陰でこそこそ、確実に偽ユダヤ、1%オルガルキーの力を削いでいる

とどめは新ドル、世界の警察官の終了宣言、鎖国だろう。

どうもアメリカの対外債務は金本位制導入でチャラに近くできるみたい。

アメリカには資源はたくさんあるので、鎖国には十分耐えられる。

といっても世界の資本はアメリカから逃げ出すだろうから、アメリカ国民は大変か。

もっとも、需要や仕事はあるしAIの実用化も期待できるし、その意味ではアメリカは普通の大

国となるが未来は明るい。

プーチン、ロシアは偽ユダヤ、ロスチャイルドを許すまい。

でどうするか、ロスチャイルドはEUに逃げ込むであろうが、たぶんプーチン、ロシアはEU内

に封じ込める。

軍事力はロシア、経済は中国、他の国々はロシア、中国になびくだろうから、ロスチャイルドも

EUとともにじり貧となり続けるであろう。

これに対し、日本は全然違う。

1%オルガルキーの排除を前提とするが、過去のツケ、異常な人口減(これは1%オルガルキーに

よる日本滅亡作戦によるもの)があり、この正常化には20年を要すると思う。

20年後には過去のツケ払いも終わり、人口もそこそこ正常化し、日本人の有能性が残っている

なら再出発となろう。

そこまでは総貧乏化である。

それまでには、多くの人が消えていくこととなろう。

再出発に必要なものだけが生き残ればいい。

これが、これからの日本が直面する過酷な現実である。

戦時中死んでいった人は、運のない人、弱い人、逆に言うと生き残った連中は運のいい、ずる

がしこい、強い人だったのだろう。

今度はどうか?

10~20年の長期戦なのでやはり忍耐強い人と、正しい適切な理解、判断、行動をする人だろう。


コメント

非公開コメント