スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とどめの一撃 吉田繁治のメール<868号:基軸通貨とゴールドの隠された関係(3)>

簡単に言うと現行の通貨制度の問題点とその解決方法、関係者の利害が述べられている。
確かに、アメリカ国家にも、ロスチャイルドにも、中国にも利益があるし破滅から逃れることができる。
プ―チン、ロシアがどう判断するかは述べられていない。
だが、ループルデフォルトで悲劇を経験しており金本位制だったらこの悲劇はなかったはず。
ロスチャイルドやらフリーメーソンをたたきつぶしたがっているロシアだが、阻止すれば自分たちともども世界経済破産となる。
まあ、ロスチャイルドもつぶれるわけで、国家そのものがなくなるものでもないので一時的に共倒れという選択肢はある。
でも、中国共産党は経済についてはロスチャイルドと組むだろう。
となると、しぶしぶ注意しながら了解か。

まあ、吉田繁治説はまず実行されるだろうし、そもそもその前提でロスチャイルドは各中央銀行にゴールドを買わし続けてきたみたい。

あとはトランプ次第だろうね。

実行されるにはあと五年とか。
だがどうかな。
ロスチャイルドの予定はいかに。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。