スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今何が起きようとしているのか?起こされようとしているのか? 

 このことについて、結論から申し上げますと、遅くともここ10年以内に、日本の大多数を占める中産階級が没落し貧困化していくだろうということです。
 簡単にいえば、多くの人が一文無し、貯金なし、持ち家なしとなり、あるのは日常生活で最低限必要な衣類や家具その他電子機器程度となるというところでしょうか。
 実生活では、なんとか安月給の職があるけども、何も残らないし、残せない。
 こういう時代がきます。
 特に公務員の方は覚悟された方がいいですよ。
 むかしは夫婦共稼ぎでやっと生活できたとのことでその水準にならざるを得ないでしょう。
 いずれにせよ、時間の問題だけであり、状況はさらにひどくなるかもしれません。
 ま、お金がすべてではないし、もともとむかしから一般庶民というのは貧しいもので、生活は苦しかったでしょうし寿命も短かかっただろうけど、みんな不幸だったかといえばそんなことはなく、今の人間より活き活きと生を謳歌していたように思えます。そう、ボロは着てても心は錦!の心意気。
 ということで、今までの世俗的な地位、名声、富、金には執着しないで、自分が本当にしたいことをすることに喜びと価値を見出す方がよさそうですね、

 では次回はなぜこうなるのか、なってしまったのかを説明したいと思います。

 いわゆる一般、常識的な知見での部分は、総論的には納得いただけるでしょうが、皆さんご存じのあのゴルゴ○○ですら、ウソだろーとしか思えない事実が加わります。
 ただ皮肉な事ことに、このことで政治、経済の過去から現在までの流れが整理できます。

 それではお楽しみにお待ちください。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。