ゴイム~じっくりその意味と現実をよく考えるべし 

自分の欲望(食欲、性欲、世俗的出世欲、冨、名声など)を肯定しそれを満足するしか幸せを見いだせない。

何が世のため人のためか、いろいろ考え方はあろうがそういう視点を持ち続けること、これが現代人にはない。

一昔前のおばあちゃんは、男も40過ぎたら世のため人のためのことを考えろと息子を諭していたとか。

今はどうか、これが答えでもある。

知らぬ間にゴイムづけられているのに気づかない。

一度根本的にひどい目に会い苦労しないとわからないようである。

気づいた人のみが生き残ることとなろう。

阿部とその周りの者たちはアホばかりだろうが、さすがの日銀はそんなことはあるまい。

国家破産のシナリオをじっくり、冷徹、客観的な視点で研究しているチームもあるはずである。

吉田先生の本を熟読してもらわないとね。

さて、日銀、FRBのトップは何をしているか

吉田先生曰く、今は前例のない世界に突入しているとか~

あほなマスコミでもなんだかんだと騒いでいる人もいるが、吉田先生レベルの人は皆無、なのですべて無視。

本来の貨幣の姿、需要と供給から価格が決まりその交換手段であること、またそれが国民が現に利用していること、一方でヘリコプターマネーをやりまくれはどうなるか~ここからは私の推測だが日銀、FRB、中国がいくら国民、企業をごまかしてもすべての人はごまかしきれない。

北朝鮮までいきつけるなら話は別だが、賢明な人はそれまでに健全な通貨制度のある貨幣に切り替えその国の銀行に預けるか、ゴールドを所有しよう。

吉田先生はその限界点は、国民の貯蓄額と政府発行の国債額とした。

その時点で今後ともさらに政府の赤字国債が増え続けると一般庶民ですら判断するなら、預金の取り付け騒ぎとなり賢い奴ならスイスフラン交換、海外口座送金、ゴールドバー購入など円から逃げ出すだろう。

これは早い者勝ちとなろうが、国も円流出を防ぐべく事前の規制はかなりするだろう。

国は黙ってこそっとする~実際作業をする担当者にすら気づかせないようにね。

でもまあ限度はあるはずで、まあ1000万円以上の資産はスイスフラン交換、海外口座送金、ゴールドバー購入をお勧めします。

日銀、FRB、中国の、否、ロスチャイルド等の世界のトップはどうするつもりか?

簡単に言うと、一度リセットするかな、ただし計画的ではなくぎゃあぎゃあ議論している間に状況はどんどんひどくなり、あるときある大企業がいきなり倒産、それが国家レベルにまで拡大し、何も決まらず何もできない→状況はさらに悪化→結局は我が身を守る方策を個々の組織が実施する→結果は総リセット、貧乏くじは日本だけ~となろう。

まあ、見ものだ。

この現実、この落ちを見届けないと死ねないね。

選択~円、日本政府とともに心中か、元、ゴールドとともに逃げ切るか

残念ながらこれが現実である。

大多数の人は何もせず、いな理解できず円、日本政府とともに心中である。

1800年以降陰で世界を操り、人家畜を無理やり争わせ、働かせ、借金させて富を拡大し続けてきた1%オルガルキーの上部寡頭組織、彼らを理解しろと言っても無理な話である。

何層にも別れ組織化し、上から下は見れても、下から上は見れない。

かなり上層部の人間でも、実は上があり上から見れば自分はただの使い捨ての駒に過ぎないことを理解していない人は多いだろう。

というか、それで満足しているのだろう。

例えば、阿部、笹川、自民党の連中~

そんなことはどうでもいい

ついに、現状のわずかな税収で、過去の漬けを20年はかけて償還することが始まる。

吉田先生の論理どおりとして、アメリカ国民、本当のアメリカ、中国、ロシア、EU、ロスチャイルドも、要は現在の金融危機を乗り切る手はある。

日本だけは何もない。

今まで騙してきた寡頭勢力が悪いにしても、騙され続けてきた国民も同罪である。

こう思うと日本は、実は明治以降現在まで戦時中なのである。

現在は、武器は持たないものの命がけであることは今も昔も変わらない。

こういう部分があることを、少しも頭に入れておけない人は早々消え去ることとなろう。

このままいくと~国家破産、国家消滅?

なんせ50兆の税収に対し100兆の支出をし、さら毎年赤字がひどくなり、それが20年も続けざるを得ない。

いずれ全国債を国が買い上げ、元金、利息、新規、借り換え、すべて国が国債対応、ヘリコプターマネー、やがては倒産状態の全金融機関を国が国有化して金融機能事態は維持するだろうが、こうなれば円は紙切れ化である。

事実上国家崩壊といっていい。

もはや国内でまともな生産は行われず、賢明な人は海外に逃げ、ハイパーインフレ化した物価で生きていくしかない。

現行法のみで何もしないのであればこれが結末である。

もし、現政権が税収以内で国家運営に挑むなら(むろん脱税対策などは命がけでやってもらうが)、そのために月給が半分になっても私ならそれを支持する。

基本的にごまかしの段階はもはや過ぎた。

決断、実行の時である。

過去の債務の弁済と新しい日本新興へのトライである。

といっても、現行を理解し頭を切り替えできない人が大部分で、お金や既存の名声に縛られる人は消えていくだろう。

何も知らない、あたらしく生れ出る世代に期待しよう。

なお、政治はオルガルキーの支配下状態というものの、少しはまともで危機感を持っている政治家や官僚もいるみたい。

まあ、日本が、世界がどうなるかは見ものである。

第三次世界大戦はなさそう、アメリカ正規軍、プーチン、中国は戦争しないとの意見とか。

ただし、相手がユダヤ、オルガルキーとなると話は別だろう。

プーチンは、何も起きなければユダヤの自滅と踏んでるみたい。

本当のプーチンは死んでるかも、代わりにサハロフ外相が新プーチンの役割をしているみたい。

ま、中身が問題なのでそれはぞれで良し。

新ドル発行に対し、トランプはいかに?

どさくさまぎれにこれをして、基軸通貨から離脱してほしいのだが→中国も異論はないと思われる。

健全なる国内での生産と消費、対外的には金本位制にもとづく外貨交換→国家としてはこれで十分である。

どうなるか?ユダヤCIAさん、オルガルキーさん、お答えを!

AIに日本人の和の心を植え付けさせることができるか?

個人的には、これができなければやがてAIは人類を敵、あるいは害のある存在として抹殺しかねない、そう、映画のターミネーターの世界が再現されると思う。

この僕の意見が、AI開発者の耳に入ることを願う。

和の心、相手のことを思い、思い合うことで平和を実現、維持する、はたしてこれをAIが理解できるかは疑問ではあるか~。

日本やブータン等ではこれがまだそこそこ生きているとは思う。

個人差は激しく、一皮むけばただの利己主義者が大部分ではあろうがね。

こういうことを真剣に考えているAI開発者はいるかね。

世界を破滅させるのはオルガルキーらの上部組織、寡頭グループではなく、実はAIかも~。